ワークフローシステムで行なう時代が到来!

会社全体の業績管理

男女

1つの会社のみで業績の数値管理を行うのが単独会計です。その他の子会社や支店などの数値を合算して数値管理をしていくのが連結会計です。連結会計を取り入れることによって、売上高の水増しや借入金の付け替えなどの不正を防止することができます。

More Detail

企業システムのクラウド化

IT

ERPシステムは今まで、オンプレミス環境による運用を行うケースがほとんどでした。しかし現在ではERPシステムのクラウド化が進んでおり、管理運用をサービス提供元に一任することも可能となりました。

More Detail

紙書類よりメリット多数

IT

仕事の質を変える!ビジネスチャット特集

チャットツールを利用して仕事をもっと楽にこなしませんか。コミュニケーションがスムーズになるので多くの企業が利用しています。

システム保管も自動化

稟議や社内決済などを行う際、一般的には紙の書類を利用します。日本では昔ながらの押印文化がありますので、都度上長の押印を押すことで決済が通過する仕組みになっているのです。しかし最近では、ワークフローシステムを導入する会社が増加しています。ワークフローシステムは、稟議や決済などをシステム上で行うものです。あらかじめ定められたフローに則り、上長承認が行われることになりますので、フロー上では関係者以外見ることはありません。安全性も担保することができているシステムなのです。ワークフローシステム導入のメリットは決済スピードが飛躍的に向上することです。紙の決済であれば、上長が不在の時には決済をもらうことができません。

決済スピード向上

しかしモバイル端末が普及している現代においては、都度承認作業を行う事ができるのです。承認依頼が上がった際には、メールなどでお知らせする機能があり、また一定期間承認をしないとアラートが発動するなどの設定をすることもできます。そのため、ワークフローシステムを導入することで決済スピードを速めることが可能になります。最近のビジネスではスピード勝負です。誰に決済を求めるのか、そして決済までのスピードが速まることはビジネスチャンス拡大にもつながるのです。ワークフローは書類の保管面でも有利です。最終決裁者が決済したのちは自動的にシステムに保管されることになります。そのため保管作業やPDF化などの作業も割愛することができます。

社内の情報連携

チャット

業務用のチャットツールを導入する際に知っておきたいことは、ネットワークの通信量が増加する点です。事前に増加量試算を行いネットワーク機器増強などの対処をとると、トラブル回避が可能です。また一部の部署だけでトライアル利用をして評価を行うと、大きな支出の前に精度の高い投資判断を行うことが可能になります。

More Detail