企業システムのクラウド化|ワークフローシステムで行なう時代が到来!

ワークフローシステムで行なう時代が到来!

企業システムのクラウド化

IT

クラウド化へ向かう背景

これまで企業のERPデータは各企業ごとに、オンプレミス環境での基盤からの環境構築し、必要に応じて基盤更新を行い、社内に情報管理部門を構築し、フレームワーク管理を行っています。年々電子化情報が多くなり、資料の見栄え・精度も上がり、DISKの容量増加が必至に成ってきています。用紙の文化から電子化に変わり、書庫を空ける分、DISKを増やすといった流れに変わってきています。しかしながら、オンプレミスでのサーバ用DISKは高価なものであり、ミラーリング用・FTサーバ用・バックアップ用、スタンバイ用の予備DISKや複数アクセスに対応するロードバランサも用意する等、費用は膨大に成るため、このような費用を抑える意味でもERPシステムをクラウドへ移行する企業が増えてきています。

企業データのクラウド化

企業ERP情報を自社ローカル環境から、クラウド化することで、オンプレミス環境構築に必要なイニシャルの基盤構築費用が、縮小することと運用に際してランニング費用を部門単位にDISKエリアを分けるなどして、容量の拡張を行う場合には、部門の予算で容量を拡張する事が簡単にできるようになります。これにより無駄な拡張もさけられ、情報管理部門の負荷を軽減・管理体制の見直しを行う事ができるようになります。また、クラウドを導入するメリットはそれだけではありません。クラウドサービスの利用の場合、大元のサーバはサービス提供元が管理運用するため、万が一の法改正時にもサービス提供元が対応を一任してくれます。こちらから何かアクションを起こす必要がなくなるため、安定したERP利用が可能となるでしょう。